緊急時の良い方法

By - Last updated: 金曜日, 4月 25, 2014 - Save & Share -

           

たまに体の色々小さい不調は、我々の日常生活に多大な影響を与えますね。

大したことがなくても、その場その場で簡単に収まらないのが困りますね。何かが良い方法があったら、良いと思いません。

歯の痛み
歯が痛くて、病院行くまでの時間が耐えられないときや、行く時間のないときは、痛み止めを飲んでも良いのですが、痛み止めを飲みたくない方は、氷で手の虎口をもみもみしてください。
手の虎口の神経を刺激すると、脳の痛みを管理するエリアに信号を送り、面部と手の痛みを和らげる作用があります。

喉の痒み
時々、何故か喉がすごく痒くなりません?その時、本当の意味で喉から手が出るほど、喉を掻きむしたくなります。それができないから、一生懸命に咳きをしても、なかなか痒みが引きません。その時は、耳をマッサージしてみてください。
耳にある神経は喉に反射が起こすことができるので、耳を揉めば喉の筋肉はリラックスさせることができ、痒みがなくなることが多いです。

腕の麻痺
長い間に座っていたり、同じ姿勢でいたりすると、腕が麻痺してきますよね。このときは、首の神経は圧迫された原因と考えられるので、首を大きく振って、首の筋肉を解せば、ずいぶん楽になります。また、腕を大きく回ってください。これも首と肩の筋肉をリラックスをさせるとっても良い方法です。是非、やってみてください。

 





Posted in 健康 • • Top Of Page